日々の出来事

私の肌を脱色したいです

私は小さい頃から色が黒いのが悩みでした。一時期ガングロなんてものが流行っていましたが、私がその年齢になった頃には、
ずでにブームは過ぎ去ってしまっていて、美白が持て囃されていました。思春期の私にとっては、それが嫌で嫌で仕方ありませんでした。
好きな男の子がいたけれど、その男の子の好みが「色白で清楚な女の子」なんて知った時にはすぐに諦めるほどでした。
色黒だからって、清楚じゃないということはないと思うのですが、どしても色白の人と比べるとそうじゃないような気がしてしまうほど、
深刻な悩みでした。告白なんて出来なかったし、ましてや男の子とお付き合いできないんじゃないかな、そう悩んで夜に泣いていたこともありました。
社会人となった今は、思春期の頃のようにまるでこの世の終わりのような悩みではなくなりましたが、もっと物理的な悩みになりました。
それは、色が黒いと、お肌にトラブルがあったときに、より汚くみえてしまうということです。毎日気をつけてケアをしていますが、
仕事が忙しい日には、手抜きになってしまい、肌が荒れてしまいます。
出来ることならば、自分の肌を髪の毛の脱色のように白くしてしまいたいです。そして、堂々と外を歩きたい、そう思っています。

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
青汁

 

日々の出来事

気になること

美容

肌トラブル

脱毛